50代で転職の必然性がでてしまったら。

50代の再就職は今までの延長線上ではダメ

50代でやむなく転職活動をされる人に対して少しでもヒントになると感じた事

 

今までのキャリアを見直す事や、転職エージェントや、ハローワークに相談するが初めの一歩になります。

 

気を付けないといけないのが転職エージェントは年齢で50代は登録しても紹介できる求人が無いとお断りがある可能性があります。

 

退職する前に産業雇用センターに登録する事で、あなたの履歴書や職歴を持って営業さんが企業を回って貰えるので無料なので登録した方が良いです。

 

そして、仕事も今までの延長線上で考えると仕事が無い可能性が高くなります。

 

その為、全く違う職種にも挑戦する意欲がかなり大事になります。

 

情報を仕入れるならリクナビNEXT等から始めるのが良いかもしれません。

 

でも、今の職場が良いと思いますよ。

 

将来的の事も考えるとね。

 

どうにでもなれ! と言う感じで働いてみませんか?

 

後は、ジョギングなどスポーツをすると気晴らしになりますよ。

 

個人的な感想なので良く考えて行動してくださいね。

750万円以上の収入だったあなたへ

50代の人だと部長職や、課長職で750万円以上の年収の人も多いと思います。

 

ヘッドハンターに人材紹介をして貰うのも戦略の一つとして考えてくださいね。

ヘッドハンター・直接採用企業検索を利用するのも一つの方法です。

 

他にも、地方に戻って仕事を探す方法も考えてみるのが良いかもしれません。

 

今までのキャリアと全く違う道を選ぶ必要が多いです。でも、今までの経験を活かして次のキャリアのビジョンを見つける目線を変えることがとても大事です。

 

実際に仕事があまり思いつかないかもしれませんが、ひょっとしたらあなたの今までのキャリアを望んでいる企業がある可能性が高いです。

 

実際に、人出不足の企業が多数あります。 地方の中小企業では優秀な人の求人がほとんど無いのが現状です。

 

でも、大手企業のように何もかも分担制で無いのが中小企業です。 全てを自分でしたいと考えている人には新しい新天地としてやりがいがある仕事が見つかると思いますよ。

 

実際に、今までの管理職としての立場や、リーダーとしてプロジェクトを遂行してきた仕事のしかたを別の会社で活かしてみるのはいかがでしょう。

 

例えば、こんな特集があります。 ちょっとでも気になったら挑戦してくださいね。