会社辞めたい時、合わない、行きたくない、逃げたい、評価されない、向いてない時のアドバイス

会社辞めたい会社辞めたい時

会社辞めたい時に次決まってないのにやめるのはやめてください。

勢いで会社辞めると損します。 それこそ人生棒に振りますよ。

日本の場合、まだまだ、転職すると条件がかなり不利になることが多いのでしっかり慎重に第三者の周りの人に相談するのが良いかもしれません。

無給の長時間労働、いじめ、吐き気がするとか、うつの症状に感じるなどは、電話相談や、弁護士さん、労働基準監督署に相談するのはどうでしょう。

会社辞めたい理由が次の項目なら転職するだけでなく辞めない選択肢もありますよ。

疲れた, つまらない, 合わない, 働きたくない, 怒られる, 迷う, 逃げたい ,お金がない, 理由がない, 仕事ができない, 次がない, やる気でない, 辛い, 上司怖い, 眠れない, 評価されない, 理不尽,

上記のお金がないで転職経験がある管理人が転職して20年たった今、あの時会社辞めたいと感じたけど、別に辞めなくてよかったな感じることがあります。

もちろん、会社辞めて転職して良かったこともあります。

会社辞めたい時に20代の自分に声をかけるだろうなぁ~と感じたことをシェアします。

 

会社辞めたいのが人間関係なら

会社辞めたい アドバイス
会社を辞めたいと感じることが多いのがやっぱり人間関係で無いでしょうか?
威圧的な上司がいて一緒に働いていると会社に行きたくないと感じることから始まって段々と気持ちが積み重なっていくことが多いと思います。
心が壊れるくらいなら転職をして次の職場で心機一転頑張るという選択肢も正解かもしれません。
でも、実際には転職してもまた同じ環境になることが多いです。 威圧的な上司はどの会社にもおそらく1人はいると思うので今の職場で問題を解決する対応するのが理想かもしれません。
というのも、上司はあなたより先に定年退職で会社を離れていくのでその後のポジションにあなたが付くことができる可能性が高くなり将来的には新卒で入社した会社で出世する方が退職金や、収入、仕事内容で条件が良いことがとても多いです。
なので、人間関係で悩んでいると考えているなら、会社以外であなたの居場所を探すのが個人的にはお勧めです。
社会人になると利害関係のない人との付き合いが少なくなるので、あえて仕事以外の知り合いを積極的に作っていくと仕事の人間関係の比重が下がっていくので個人的にお勧めです。
サッカーが好きならフットサルチームに所属する。 音楽が好きならジャズセッションに参加するとか、マラソンチームに所属するとか、旅行に行くとか仕事以外で気晴らしが出来る事を見つけてみるのも今のよい機会かもしれませんよ。
個人的にお勧めなのが体を動かすこと、今の環境と大きく違う事、お金がかからずなるべく長く続けれること等です。例えば、マラソン大会や、トライアスロン、トレイルランニング、自転車の大会に参加するとか、空手や、剣道、柔道、ボクシングなどの格闘技をする。 好きな音楽活動をするとか、ジャズや、ブルース等は名曲が多くて有名な曲を弾けるとセッションができるのでお勧めです。

会社辞めたいと20代で半年考えているあなたにアドバイス

会社辞めたい 20代

会社辞めたい! 合わない! 今すぐ、行きたくない! ばっくれたい!もう嫌だ! もう無理!休みたい!自由になりたい! と色々考えることがたとえ半年あったとしてもちょっと待ってください。 大企業の激務で限界を超えるのはどうしようという状況ですが、我慢の限界も有るでしょうけど不安な気持ちを先にどうすると目線を向けてみるのが良いかもしれません。
実際に、月曜日に会社辞めたいと感じて吐き気がして苦しい期間が続いているかもしれません。
でも、感情に身を任せて会社を転職したり会社を辞めてしまって無職になるのはとても経済的に危険な状況になることがあるし、もっと条件が悪くなる可能性があるので少し落ち着いて考える必要があります。
会社辞めたいと感じる時は上司に相談というていの良いアドバイスも有るかもしれませんが、現実問題として上司に相談できる人って殆どいないと思います。
実際に私も上司によう言いだせない感じでした。
しかも、会社辞めたい時の状況が結婚してたらなおさらです。 状況的に孤独を感じてメンタル的にもきつい状況になりますからね。
もし、上司に相談して甘い!とか、仕事内容を簡単なものに変えられたりするともっと精神的に仕事したくないと思うかもしれません。
かといって、会社辞めたいと親に行っても反対されるのが関の山です。
会社辞めたい理由の多くは人間関係でお局や、上司、先輩、同僚と波長が合わなくて浮いた存在になって泣く日が続いたらストレスですぐに無断欠勤を考えることも有るかもしれません。
でも、ちょっと待ってくださいね。
今の状況を改善するのをひとりで抱えるのは危険なのですが、相談する相手を間違えると今の環境を潰してしまうことも考えられるのでゆっくり自分の気持ちを整理する所から始めてみるのはいかがでしょう。
もし、会社辞めたい理由がパワハラや、人間関係でメンタル的に辛いなら気持ちの逃げ道を見つけるのが先決かもしれません。
例えば、仕事を終わった後に、仲間を見つけて好きな運動を仲間と一緒にするのも一つの方法です。 そして、気分転換で旅行に行くのもおすすめです。  会社以外にあなたの居場所を見つけて会社の事を忘れる時間はとても大事です。
それでもダメなら転職エージェントを利用してあなたの悩みを聞いてもらうのはいかがでしょう。
現実的に、新卒を採用できる企業は第二新卒などの20代での転職できる企業より条件的にかなり有利な所が多いので転職するともっと人間関係が大変になる可能性が高くなります。 もちろん逆の場合も有りますが、こればかりは運です。
何よりも会社に馴染めない悩みは逃げを優先すると転職を繰り返すパターンにはまりこむことがあるので気を付けてください。
もし、会社を辞めたい理由が能力不足や、ノルマだと感じているなら今の会社から逃げる形で転職すると半年もたたないうちに同じ状況に陥る可能性が高くなります。
なので、この場合は、今の会社で能力不足を解消するために勉強を続けるのが良いかもしれません。 きっと1年、2年と年数を重ねるとできなかったことができるようになっていきますし、本当に適正でなかったら人事異動であなたに向いている仕事に配置転換してくれると思います。
まぁ、実際に満員電車が嫌で転職した人ややる気でないのでやめたとかの人もいるのであなたはそうならないように計画的に行動するのをお勧めします。

 

会社辞めたいと感じて行動するのは30歳までが良いかもしれません。

会社辞めたい 30代

会社辞めたいと思って実際に会社を辞めるなら20代がベストだと思います。 最悪30歳くらいまでに行動するのが現実的かな?と実際に転職してみて思います。
管理人は28歳の時に会社辞めたいと思って転職しましたが、今、時々後悔する時があります。 転職することで改善した問題も多くありますが、転職することで失ったことも多くあります。
転職した当時は、まだ若かったので条件が改善した事ばかりに目が行って勝ち組意識がとても多かったですけど、転職してから5年たち、10年たつと独りよがりだったなと感じることが多いです。
当時は、色々な不満があったのですが、自分が一人で仕事ができるようになっていくと如何でもよい良いと感じることに不満を膨らませていた事が多いです。
自分はこんなに一所懸命働いていて結果を出しているのに、働かないおじさんの方が倍以上給料が良いとかね。 当時はパソコンが普及しだした時で年功序列の体質っぽい所も有りパソコンもろくに使えない人が多かったので余計に目についたのかもしれません。 でも、今は家族が出来て生活費、学費など必要なお金が多くあるし、バリバリと仕事が回ってくる人と、回ってこない人の違いも分かるようになってきたし、大規模なリストラを目の前にするとそのおじさんの向こうに家族がいると感じるようになったらしょうがないよなと思うようになりました。
30歳を超えるとあなたが会社の管理職候補や、リーダー候補になっていく時期です。 なのでここからが今の会社で活躍する時期の始まりです。
もし、転職すると、転職先の会社で7年~8年の下積みがある同年代がライバルになります。あなたはその8年間の弊社での経験をどのように埋めることができますか? そして、そのライバルよりすぐれている事は何ですか?
このような質問されたらあなたはどのように答えますか? 転職先からしたらプロパーで新卒から自社で育てた社員と同じ以上の優秀な社員で違う体験をしてきた異分子の中堅社員に魅力を感じます。
そして、転職する時は新しい会社での実績が無いため、今の会社で実績を上げてきた収入より少し収入が下がります。
この境界の上限がやはり30歳くらいかなという印象です。 例えば32歳までの2年間でも経験値が大きく変わるので35才、37歳、38歳、39歳となると差は歴然と感じますよね。
もちろん、今働いている会社のお給料が相場より安い場合は、景気の良い業界の異業種に転職すると加減でも今の会社よりお給料が上がることがあります。
なので一概に30歳が限界という事には当てはまりませんが、あくまでも同業界で給料ベースが同じくらいと考えると30歳以降は今の会社で実績を積んで出世する方が仕事もしやすいですし、過去の実績を積み重ねることができるので転職するより有利になることが多いのではないでしょうか?
逆に、30代後半で出世コースを外れたから新天地でもう一度挑戦したいと感じることがあるかもしれませんが、こちらも転職先で求められるスキルが合致したとしても、お給料や、福利厚生の条件が悪くなることが多いので、今の会社で仕事は仕事と割り切って定年退職後に活躍できる事はないか?と目線を変える時期なのかもしれません。
例えば、定年退職後に独立するために、資格の取得や、副業を調べてみるとかも選択肢の一つとして考えてみるのはいかがでしょう。
でも、情報を集めるために転職エージェントを利用して転職の情報を集めることや、今より良い条件の会社が見つかった後に転職するのはありだと思うのでじっくりと10年後、20年後を考えて定年退職した時の退職金や、給料の状況を考えるのがお勧めかもしれません。

会社辞めたい時30代後半までに考える方向性のアドバイス

会社辞めたい 40代

会社を辞めたいと考えてうだうだと会社の飲み会で愚痴をばらまいているなら30代後半になるまでにある一定の方向性を決めるのがお勧めです。
人手不足で転職者の方が有利だと言われていますが、それは30代前半まででかつ、キャリアを適切に積み上げている人にあてはまります。
俗に言う管理職や、リーダー不足が万年的にあるので意外とこの状況は昔から変わっていないかもしれません。実際に新規のプロジェクトの業務拡大と相性が良い傾向があります。
なので、運よく大企業に転職できたとしてもプロジェクト自体は海のものとも山のものとも分からないことが多くプロジェクトを成功させるのは至難の技のことも多々あると思います。
30代の同年代のプロパーの人は管理職で着実に実績を積む事を続けているので社歴が浅いというのは余程のホームランを打つような実績を残さないとなかなか評価される事は難しいです。
実際に、どんなに優秀な実績が過去に合ったとしても、新しい会社では新入社員と同じ扱いのような目で見られます。
これは何が言いたいかというと、指示を出してもポット着た人の指示を真摯に従わないことや、反抗してくるとか、わざとミスを仕込んでくるなど細かいのはある程度覚悟している方が無難かもしれません。
この点で、やはり社歴が浅いというのは色々と会社や会社の風土、自分より年下の先輩や、年上の部下など複雑な要素がからんでくるとなかなか組織で上手に立ち回ることがとても難しいです。
年下の上司もなかなか気を使われるので揉めることも多いようで新しくメンバーを迎える時は自分より年下になる傾向がどうしても普通になっていきます。
大体その壁が32歳の壁、35歳の壁、39歳の壁など色々な表現をされていることにあてはまるかもしれません。
実際に転職活動したら分かると思いますが、マネージメント経験や、プロジェクトリーダー経験は必ず聞かれます。そして、30歳を超えるとその部分がとても重視されることが多いのであなたがそのような方向で仕事をしたいと感じてなければ今の職場で定年まで働く方が条件が良いことが多いですし、今までの実績が積み重なっているので新しく転職して実績がゼロになるよりも月とスッポンくらい状況が今の会社の方が良いことが多いです。
会社辞めたいと感じても衝動的に行動しないでこの辺りを踏まえて転職活動するならしっかりと10年後や、20年後の定年まで考えてください。
実際に転職活動してみて今の会社の方が100倍ましと感じることも有ると思うのでしっかりと、自分の気持ちを整理してみるのがおすすめです。

会社辞めたい人が会社辞めたいと言い出せない時の気持ちの整理のアドバイス

会社辞めたい 言い出せない

会社を辞めたいと感じる時は精神的に限界になっていて、モチベーションがでないから仕事をしたくない、会社に行きたくないという気持ちが強くなるので仕事もうまくいかなくなって悪い方向に進む事が多いです。
こんな時に会社を辞めたいという気持ちのはけ口としてノートに自分の気持ちを書きだしてみるのはいかがでしょう。
実際に、上司に相談したり、親に相談すると甘い!と逆に説教されて結局会社辞めたいという相談2な対して何も解決しない事が多々起こります。
このような事が続くと言い出せないので会社辞めたいけど辞めれない状況が続いて同僚からは会社辞めたい病じゃないか?とレッテルをはられる可能性も出てきます。
もし、会社辞めたいと半年考えているなら次の事を自分に問いかける形でノートに書きだしてみるのはいかがでしょう。
そして、1週間後にもう一度書いた事を読み直してみるのはいかがでしょう。
こうすることで、自分の気持ちを客観的にみることができるので少しは気持ちの整理ができると思います。
■ ノートに気持ちを書きだすために自分に尋ねるための質問 5個
  1. 会社を辞めたい理由は何ですか?
  2. 会社を辞めて一番解決したい事は何ですか?
  3. もし今の会社でその問題が解決したら今の会社で働きますか?
  4. 10歳くらいの時に夢中になっていた事はなにですか?
  5. その事に関連する仕事を出来たら楽しいですか?
例えばの5問なので、このような形で自分で自分に問い合わせてみるのはいかがでしょう。
  1. あなたが絶対にしたくない事は何ですか?
  2. あなたが絶対に譲れない事は何ですか?
  3. もし今の会社であなたの希望が100%可能としたら何をしますか?
  4. 5年後どのような先輩になってたいですか?
  5. 10年後どのような上司になってたいですか?
などなど、仕事以外の事でも、仕事のことでも良いので自問自答してみるのはおすすめです。
仕事に関しては、実際に転職してもしなくても問題ないので転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談する方法も有りますよ。

まとめ

管理人が会社辞めたいと感じた20代の時は一人で悩んでいました。 当時は残業代が付かなかったので気持ちの中で見切りをつけていました。 お金に関することなので同僚にも相談することなく一人で悩んでいたので選択肢が転職しかありませんでした。
しかし、転職して、12年後に転職先の会社が解散した時に行く当てがなく、いろいろとつてを求めて転職前の上司と同期に相談してしまいました。
この状況を20代で転職する前にできていたら良かったなぁ~と感じたことがあります。
結局、転職した後に残業事情や、業績が持ち直すなどお給料事情の改善があったようです。
それでも転職先よりはだいぶん少ないお給料でしたが、当時の私にしては十分転職しない選択肢になる条件でした。
その後、出世するとお給料を上げることができましたし、新卒で入社した会社のほうが規模が大きい仕事に参加できるので転職したデメリットだったかもしれません。
新卒で一緒に働きだした同期と一緒に仕事するのはとても貴重な環境と経験です。
違う選択肢を選んだから気づくことでした。
人間関係は、転職先でも同じ状況であることが分かりました。
お給料の条件も、2020年は、副業解禁されているので、会社以外で副収入を得る方法はいろいろあります。
どうしても、今の会社で問題解決できないときは、会社を変わる方法がありますが、仕事のやりがい、お給料、無給の残業問題などは、ひょっとしたら会社辞めなくても問題が解決できるかもしれません。
パワハラの上司も年取ると定年していなくなります。
仕事のやりがいと、お給料は、副業を始めることで今の仕事が副業になる可能性が高いですよ。
心が壊れる状況なら、直ぐに今の会社から逃げてください。
そのようなときは、転職支援サービスとして転職エージェントに相談するのがおすすめです。
人に話すことでいろいろな選択肢が出てくるので、勇気を出して一歩踏み出してみるのはどうでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました